TOEIC(トーイック)勉強法@情報館 | リスニング・リーディング対策

TOEIC(トーイック)勉強法@情報館 | リスニング・リーディング対策

履歴書に書ける点数とは?

「TOEICを受験したものの、どれくらいの点数から履歴書に書いて恥ずかしくないと言えるのか?」、この疑問については、皆さんも一度は思ったことがあるはずですね。受験をしたものの、あまりにも低い点数だと「自己アピール」として逆効果ですし、「履歴書に書いて恥ずかしくない点数」の目安を知っておくと、今後の目標も立てやすくなるはずです。

「履歴書に書いて恥ずかしくない点数」、ここに決まったルールがあるわけではありませんが、まずは「650点」を1つの目安にしておきましょう。TOEICは「英語の一般資格」です。つまり、「貿易」や「医療」などの特定分野に特化した英語資格ではありません。さまざまな場面で臨機応変に使える英語力を診断するテスト、それがTOEICなのです。したがって、それほど英語の業務が多くない職場であっても、「650点」を1つの目安にしておけば、「履歴書に書いて恥ずかしくない点数」と言えるでしょう。

ところが、英語業務が多い職場の場合、やはり「650点」では少々物足りない感じがします。たとえば外資系企業の場合は「800点以上」が目安になると思いますし、外国人上司の「秘書」の場合、「750点以上」が1つの目安になると思います。さらに、外国へのポストが用意されているポジションなら、「900点以上」を求められることも珍しくありません。さらに英語講師などの仕事を目指している場合、講師レベルなら「900点以上」、あるいは「英検1級」が求められることが多いですね(職場によって大きく違いますが)。

いかがですか?上記を1つの目安として考えれば、あなたの目標も立てやすくなるのではないでしょうか?英語業務が多い職場の場合、求人広告欄には必ず目安となる点数が書かれていますし、英語業務がそれほど多くなく、求人広告欄にも目安となる明確な点数が書かれていない場合は、「650点」を目安として考えておけば大きな間違いはないと思いますよ。

TOEICスコアアップ方法・最新口コミ人気ランキング!

1位 プロが教える最速のTOEICスコアアップ講座

・4人のTOEICのスペシャリストが教える最速TOEICスコアアップ講座がランキング1位!
・TOEICの英語力(語彙力、文法力、リスニング力)・対策力・テクニック、過去問傾向等を習得!
・「動画」「音声」を使って効率的に学習可能。今だけ限定で8大特典を贈呈中!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆       >>詳細を見てみる

2位 TOEIC攻略【林式初めてのTOEICスピード600】

・受講した83%の人が60日未満で大幅スコアUPを実現させている実績の高い勉強法!
 (さらに実践90日に至ると97.3%の人がスコアUP中です!)
・聞き流すだけで英語脳を作るリスニング対策など各種特典配布中!<人気上昇中>
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

3位 Score Up 1-2-3 for the TOEIC(R) Test

・わずか2週間という短期間のコースにもかかわらず、スコアが平均200点以上も
 アップしている高い実績のある方法<540人の受講者で平均200点以上スコアアップ>
・TOEIC動画解説ビデオや5000円キャッシュバックなど先着50名様に9大特典配布中!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆         >>詳細を見てみる

▲ページの先頭へ