TOEIC(トーイック)勉強法@情報館 | リスニング・リーディング対策

TOEIC(トーイック)勉強法@情報館 | リスニング・リーディング対策

「有効期限」の本当の意味とは?

「TOEICには2年間の有効期限があります」という言葉を聞いたことはありませんか?この言葉を聞いて、「2年以上前の試験結果は履歴書に書いてはいけない」と思っている人も多いでしょうが、じつはそれは大きな間違いです。そこで、「TOEICの有効期限の本当の意味」について、ぜひ勉強しておきましょう。

TOEIC協会のホームページなどを見ると、たしかに「有効期限2年」と書いてあるのですが、それはあなたの試験結果が協会本部に「保存される期間」のことであり、受験から2年以内であれば、試験結果の用紙を紛失したとしても再発行してもらえる仕組みなのです。したがって、「受験から2年以上経っていれば履歴書に書いてはいけない」というルールはどこにもないんですね。つまり、たとえ2年以上前の結果であっても、堂々と履歴書に書いてOKなのです。

ところが、さすがに10年以上前の結果を履歴書に書くのは考え物です。10年前と比較して今の英語力がどうなっているのか、少なくとも「10年前と全く同じ」ということはないでしょう。したがって、「履歴書に書いてはいけない」というルールはありませんが、履歴書に書いても良い期間については「常識の範囲」で判断するようにしておきましょう。

なお、就職活動において企業が求める「応募資格」として、「過去3年以内の点数に限る」などの項目を見かけることがあります。このようにハッキリとした数字が書かれているなら、必ずそれに従うようにしてくださいね。

TOEICの有効期限とは、協会本部に試験結果のデータが保存される期間であり、履歴書に書いてOKな期間ではありません。しかし、だからと言って10年以上前の結果を提示するのは「常識」としておかしいですよね。すでに自分が満足できるほどの結果を出している人も、2年に1回程度は再受験をしておいた方が良いかもしれません。

TOEICスコアアップ方法・最新口コミ人気ランキング!

1位 プロが教える最速のTOEICスコアアップ講座

・4人のTOEICのスペシャリストが教える最速TOEICスコアアップ講座がランキング1位!
・TOEICの英語力(語彙力、文法力、リスニング力)・対策力・テクニック、過去問傾向等を習得!
・「動画」「音声」を使って効率的に学習可能。今だけ限定で8大特典を贈呈中!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆       >>詳細を見てみる

2位 TOEIC攻略【林式初めてのTOEICスピード600】

・受講した83%の人が60日未満で大幅スコアUPを実現させている実績の高い勉強法!
 (さらに実践90日に至ると97.3%の人がスコアUP中です!)
・聞き流すだけで英語脳を作るリスニング対策など各種特典配布中!<人気上昇中>
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

3位 Score Up 1-2-3 for the TOEIC(R) Test

・わずか2週間という短期間のコースにもかかわらず、スコアが平均200点以上も
 アップしている高い実績のある方法<540人の受講者で平均200点以上スコアアップ>
・TOEIC動画解説ビデオや5000円キャッシュバックなど先着50名様に9大特典配布中!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆         >>詳細を見てみる

▲ページの先頭へ