TOEIC(トーイック)勉強法@情報館 | リスニング・リーディング対策

TOEIC(トーイック)勉強法@情報館 | リスニング・リーディング対策

「PART3」は「6W+1H」が対策のカギ!

リスニングセクションの「パート3」からは、「長いアナウンス」を聞いて解答する必要があります。ここから正解率がグッと下がる人も多いですね。たしかに、長いアナウンスを聞いての解答は、慣れないうちは難しいかもしれませんが、効果的な練習法で何回も練習しておけば、それほど難しいものではありません。そこで、次のような練習法を取り入れてみましょう。

まず、「A4サイズ」の白紙を一枚用意してください。そこに、「What(何が)」、「Who(誰が)」、「When(いつ)」、「Where(どこで)」、「Why(なぜ)」、「Which(どちらを)」、「How(どのように)」、「Digest(要約)」の「6つの疑問詞+Digest」を縦に書き込んでおきましょう。そして、それぞれの疑問詞の横にその内容を書き込めるスペースを作ってください。つまり、各疑問詞の内容を書き込める「記入書類」を作っておくんですね。

そこで、リスニング練習用のCDを流して、最初は各疑問詞の内容を書き込むだけに集中しておきましょう(アナウンスによっては書き込む必要がない疑問詞もあります)。1回目のリスニングでは問題を解答する必要はありません。あくまでも、疑問詞の内容の把握に全神経を集中させておくのです。そして、書き込むべき疑問詞の内容がすべて埋まったら、2回目のリスニング開始です。1回目のリスニングで、すでに疑問詞の内容の「予備知識」があるため、問題の解答もずいぶんと楽に感じられるはずです。

このように、リスニング練習では「2段階方式の練習法」が効果的なんですね。本番の試験と同じようにいきなり問題を解答する方法が一般的ですが、それでは「練習効果」としては小さいものになってしまいます。練習の目的は、「本番の試験で高得点が取れること」であり、練習の段階から「本番と同じ形式」を実践する必要はないと言えるのです。したがって、2段階方式で「ポイントを聞き取る練習」を行い、ぜひ本番の試験でも「核となる部分」のリスニングに集中できるようにしておきましょう!

TOEICスコアアップ方法・最新口コミ人気ランキング!

1位 プロが教える最速のTOEICスコアアップ講座

・4人のTOEICのスペシャリストが教える最速TOEICスコアアップ講座がランキング1位!
・TOEICの英語力(語彙力、文法力、リスニング力)・対策力・テクニック、過去問傾向等を習得!
・「動画」「音声」を使って効率的に学習可能。今だけ限定で8大特典を贈呈中!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆       >>詳細を見てみる

2位 TOEIC攻略【林式初めてのTOEICスピード600】

・受講した83%の人が60日未満で大幅スコアUPを実現させている実績の高い勉強法!
 (さらに実践90日に至ると97.3%の人がスコアUP中です!)
・聞き流すだけで英語脳を作るリスニング対策など各種特典配布中!<人気上昇中>
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

3位 Score Up 1-2-3 for the TOEIC(R) Test

・わずか2週間という短期間のコースにもかかわらず、スコアが平均200点以上も
 アップしている高い実績のある方法<540人の受講者で平均200点以上スコアアップ>
・TOEIC動画解説ビデオや5000円キャッシュバックなど先着50名様に9大特典配布中!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆         >>詳細を見てみる

▲ページの先頭へ