TOEIC(トーイック)勉強法@情報館 | リスニング・リーディング対策

TOEIC(トーイック)勉強法@情報館 | リスニング・リーディング対策

「PART6」は「PART5」の対策が有効だ!

「パート6」は「長文穴埋め問題」と呼ばれており、1つの「パッセージ(長文)」の中に3つの「カッコ」があり、それぞれ適切な選択肢を埋めるという問題形式になっています。パッセージは全部で4つ出題され、「3つのカッコ×4パッセージ=12問」を解答することになります。

パート6は、人によって「好き嫌い」がハッキリしている部分であり、「パート6大好き!」という人もいれば、「パート6さえなければ…」と思う人も多いことでしょう。しかし、2006年のTOEIC改正以前は、このパート6は「間違い探し」のパートであり、4つのアンダーラインの部分のうち、どれが間違った英語であるかを指摘する問題パターンでした。この「間違い探し」は非常に難易度が高く、ネイティブでさえ正しい答えを指摘できない問題もあったほどです。それを考えると、今のパート6は難易度としては低くなったと言えますので、しっかりと攻略法を勉強して効果的に正解できるようになっておきましょう。

まず、パート6で知っておきたいことは、「カッコの前後に注目」ということです。たとえば、パッセージの前半部分に「メアリー」という女性の名前が出てきたとしましょう。そして後半のカッコに、メアリーの代名詞を問う問題、たとえば、「(A)she (B)he(C) they (D)it」などがあるとします。このような問題の場合、カッコから遠く離れた前半部分を見返さないと解答できませんよね。ところが、パート6では「答えが遠く離れたところにある」という問題はほとんど出題されません。カッコの前後を見る必要はありますが、「同じ段落内」を見ておけば、たいていのケースで解答できると思ってください。

「正解は必ず近くにある」と知ることが、パート6攻略の最初のカギになると考えておきましょう。つまり、カッコから遠く離れた場所で答えを探すことは、まさに「時間の無駄」と言えるんですね。次のパート7への十分な時間を確保しておくためにも、「カッコの近く」というキーワードを覚えておきましょう。

[PR]アコムで即日可能なキャッシングを始めてみませんか?

TOEICスコアアップ方法・最新口コミ人気ランキング!

1位 プロが教える最速のTOEICスコアアップ講座

・4人のTOEICのスペシャリストが教える最速TOEICスコアアップ講座がランキング1位!
・TOEICの英語力(語彙力、文法力、リスニング力)・対策力・テクニック、過去問傾向等を習得!
・「動画」「音声」を使って効率的に学習可能。今だけ限定で8大特典を贈呈中!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆       >>詳細を見てみる

2位 TOEIC攻略【林式初めてのTOEICスピード600】

・受講した83%の人が60日未満で大幅スコアUPを実現させている実績の高い勉強法!
 (さらに実践90日に至ると97.3%の人がスコアUP中です!)
・聞き流すだけで英語脳を作るリスニング対策など各種特典配布中!<人気上昇中>
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

3位 Score Up 1-2-3 for the TOEIC(R) Test

・わずか2週間という短期間のコースにもかかわらず、スコアが平均200点以上も
 アップしている高い実績のある方法<540人の受講者で平均200点以上スコアアップ>
・TOEIC動画解説ビデオや5000円キャッシュバックなど先着50名様に9大特典配布中!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆         >>詳細を見てみる

▲ページの先頭へ